トリコモナスの検査と治療

トリコモナスとはどんな性病なのか?

トリコモナスはゾウリムシのような原虫が性器の中に入り込んで炎症を起こす病気です。トリコモナスの感染率と感染力について詳しく見てみましょう。トリコモナスは、においや痛みなどが出ますが重篤なものではないので、気づかないことが多いと言われています。トリコモナスの感染率と感染力は、男性よりも女性の方が強い傾向にあります。

 

先進国の健康な女性のトリコモナスの感染率と感染力は、感染率が2〜10%で大人でも老人、子供でも誰にでも感染する力を持っています。感染経路で最も多いのは性行為ですが、その他にも温泉などの公衆浴場や、公共の場所のトイレなどでも感染すると言われています。トリコモナスに感染しているかどうかは、病院や保健所などで、トリコモナスの検査を受けることで判明します。その他には、トリコモナス用の検査キットもあります。

 

トリコモナスの原虫は、水のある所ならどこにでも生息することができて、どんどん増殖していきます。そのため、トリコモナスに感染している人が着ていた服やタオルに接触しただけでも感染する可能性が出てくるのです。また、トリコモナス原虫は水で洗い流すことができないので、感染者が手や指を洗った後に拭いたタオルなどにも付着して感染力を発揮します。